育休中の確定申告

育休中で給与収入が無い妻。給与収入が無いのでその年だけ配偶者控除が適用されるということで確定申告を行いました。

もともとは昨年私がふるさと納税をしましたのでそれの確定申告をしようとしたのがキッカケでした。ふるさと納税については確定申告が要らないワンストップ制度なるものが有りますが、私はわざわざ確定申告を経験したくてワンストップ制度を利用しませんでした。

妻を扶養に入れて節税できると気づいたのは2月17日。うーん、国税庁のホームページからインターネットで確定申告できるようなのですが、何故か上手く行きません。

というのも、ふるさと納税については指示通り進めていけば所得税の還付を受けれる画面まで進みました。ちなみに還付額は1000円ちょっと。それ以外は次の住民税から減税されるみたい。

配偶者控除について入力を進めていくと、11000円ほど納税しなさい!との画面に辿り着くわけです。どうして控除の申告をしてるのに追加で納税しなきゃならないの??状態。

問い合わせセンターに、電話してもやはり解決はしない。ってなことで近くの税務署に行くことに。

2月18日は日曜日なのに税務署がやってるんです!知らなかった。

昼に着くとかなりの行列、、、。これは夕方に来ようと思い閉店間際にいくと空いてました。

結局は税務署では、自宅インターネットで入力した項目を同じように係りの人と一緒に入力しただけ。そしたら何故か上手く行きました。到着から一時間で終了したし良かった。

何故だろうか、、、まぁいいけど。

そしてなんと!還付金は2万円程とのこと!こりゃすごい。知らないって怖いですね。

妻が育休で給与収入が103万円以下で配偶者控除の対象になる人は必ず確定申告か会社の年末調整しないとダメですね。

住民税もきっと安くなるんでしょう。これは会社に五月くらいに届く通知書で金額がわかるみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です