テアトルアカデミーの面接に行ってきた。

行ってきました。テアトルアカデミー札幌校の面接に。

二次面接になるのかな?まずはウェブで娘写真とか簡単なプロフィールを送ったら、書類審査合格通知が来ました。
ほんで、ウチの妻はノリノリなわけですねー。二次面接にも参加すると。
私は面倒だし、どうせみんな合格にしてお月謝をとりたいんだろうなぁとか考えちゃう訳なんですよね。

まぁまぁそんななかで行ってきましたよ。札幌ファクトリーにある札幌校に。

まずは時間が指定されていますのでエントリーシートなるもの(履歴書みたいなもの)を持ってイザ突撃。
まずは受付です。到着した頃には受付に列ができていました。
「あぁやっぱり凄い数の人がきてるんだんぁ、、、。」
いろんな年齢の子供たちがいました。小さい子では一ヶ月半の赤ちゃんもいました!なんとそんなに小さい子もいるんだなと。

うーん、、、。たぶんココにいる親御さんはみんな同じこと考えているだろうなぁ、、、
「我が子が一番可愛い!!」って。もちろん私もそう思っていました。

そんなこんなでまずは受付にて簡単な説明を受けました。そこでもらったのは60番台の受験番号です。
はぁー結構な数だな。いったいうちの番にいつなるのやら。
まずは待合室で待機。そこでビデオ面接の様子が映し出されてます。もう始まってるわけです。
しばらく待っていると10名程度別室に呼ばれ、歌と簡単なダンス?みたいなことを赤ちゃん部担当の人とします。
イートーマキマキとかそんなやつ。

そしてその後に胡散臭いw男のマネージャー?だかがでてきてテアトルのことを説明してくれました。
なにが胡散臭いかってスーツにクロックス、裸足、、、。いいんだろうか。そんな風貌でテアトルは芸能界に太いパイプがあるとかオムツモデルの実績の説名されてもあまり頭に入ってこないです。
さらに説明中「えー○○、、えー○○○、えー」会話の節々に「えー」はさむタイプの人でした。10分手程度の説明で205回も「えー」って口にしてましたよ。(数え間違えだったらスイマセン)
とはいえオムツ会社9社中9人がテアトルの赤ちゃんがオムツモデルらしい。凄いですね。
面白いのが審査の合否が一週間程度で出るみたいなのですが、審査員がどういう印象を受けたのか電話で詳しく聞けるらしい。これは興味深いですよね。

その説明の後に模擬面接みたいなものがありました。付き添いは一人のみ。私パパは待合室で待ってました。
そのあとビデオ面接。時間は一人1分半でした。
・最近なにができるようになった
・なにか好きなことあるか
とかそんなことを聞かれて終わり。全部で2時間弱でした。まぁ一つのイベントとして楽しみました。
たぶんみんな合格なんだろうなぁ、、、。

だってわざわざ書類審査のときの合格通知に「約4分の1の合格に選ばれた」みたいな。あんたは凄い的な文章を入れて生徒を増やしたいみたいだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です